お弁当紹介事業「箱の中のフルコース~日本のBento文化」を開催しました

 11月5日、ジュネーブ州カルージュ市「Salle des Fêtes」にて、ジュネーブ日本倶楽部(JCG)との共催によるお弁当紹介事業「箱の中のフルコース~日本のBento文化」を開催しました。

 当日は、イルポルド・カルージュ市長、ラマール同副市長を始め、約400名の参加を得ました。この日は、レストラン「和」の風岡誠人シェフと沼袋賢大シェフによる松花堂弁当のレクチャー・デモンストレーションが行われ、レモンや大根の飾り切り、簡単にできる鯖の味噌煮や唐揚げの作り方に関する紹介が行われたほか、野菜入りのだし巻き卵の実演が行われました。最後はシェフの手により盛りつけが行われ、季節感豊かな松花堂弁当が完成しました。

 また、当日はお弁当箱や駅弁等の写真が展示されたほか、JCGによる家庭で作るお弁当ワークショップが実施されるなど、訪れた方に様々な日本のお弁当文化に触れていただく一日となりました。



本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示